おしりの筋肉が原因で肩こり?

投稿日:2014.12.11

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

肩こりというと、姿勢の悪さや、運動不足などが原因にあげられますが、実はおしりの筋肉が原因で肩こりになることもあります。

 

■おしりの筋肉とは?

お尻の筋肉として良く知られているのは、大殿筋(だいでんきん)と中殿筋(ちゅうでんきん)です。

 

大殿筋は、お尻の真ん中にある筋肉で、脚を後ろに伸ばしたり、上半身が前に倒れるのを防ぐ働きがあります。

 

 

中殿筋は、お尻の外側から太ももの骨にある筋肉で、骨盤を抑えつけて腰が横にずれるのを防いでいる筋肉です。股関節を広げる「外転」という運動する役割があります。

 

ここでいう「おしりの筋肉」とは、主に大殿筋のことを指しています。

 

 

■おしりの筋肉が衰えるとどうなる?

おしりの筋肉が極端にやせて薄くなると、坐骨神経痛の原因になると言われています。

 

これは座面と、坐骨に挟まれた組織が痛むからで、特に高齢者に多くみられます。歳をとると筋力が落ち、筋繊維が少なくなり、周りから見ていても筋肉がやせているのがわかりますね。

 

しかし、高齢者だけでなく、若い人でも筋肉を使わないと、同じような現象がおきます。

 

デスクワークなどの座り仕事をしている人や、あまり動かない人は、お尻の筋肉の運動不足で、筋肉量が減っていきます。お尻の筋肉は、身体の中心である骨盤を安定させる役割をもっているため、この筋肉をうまく使えないと、姿勢が悪くなり、猫背になりやすくなります。

 

つまり、お尻の筋肉が衰えると、猫背になりやすく、首から頭を支えている筋肉が緊張するので、肩こりになりやすいというわけです。

 

 

■おしりの筋肉を鍛えるには?

おしりの筋肉を鍛えれば、骨盤が安定します。姿勢がまっすぐになりやすいので、肩こりにもなりにくくなります。

おしりが垂れていることがお悩みの方には、ヒップアップのエクササイズになります。

 

おしりの筋肉を鍛えるには、スクワットがいいといわれています。他にも、普段エレベーターを使っている人は階段に変えたり、ウォーキングでも鍛えられます。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト