さまざまな治療院について(8) リフレクソロジー

投稿日:2013.11.28

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

リフレクソロジー

足の裏は「第二の心臓」と呼ばれており、全身のツボが集まっています。リフレクソロジーは、その足の裏や、手の平などの反射区を刺激して、リラックスを促し、自然治癒力を呼び起す健康法です。

 

リフレクソロジーの由来は、リラックス(反射)と、オロジー(学や論の意味を表す名詞を作る接尾語)を合わせて作った造語です。短縮形で「リフレ」と呼ばれることもあります。リフレクソロジーの施術を行う人は、「リフレクソロジスト」と呼んでいます。

「英国式」「台湾式」などと呼ばれるものが多いですが、もともとの発祥はアメリカです。日本では法制化はされておらず、特に資格は必要ありませんが、民間団体の学校やセミナーを受講し、認定された者が開業しています。

 

リフレクソロジーの歴史

アメリカの医師であるウィリアム・フィッツジェラルド博士が、手術中の患者の手足を刺激して観察したところ、特定の部位に痛みを和らげる効果があることが分かりました。彼は仲間とともにそれ理論を「ゾーン・セラピー」として出版し、セミナーも始めました。

 

その理論をジョセフという医師が受け、その助手を務めていたユーシス・イングハムが、発展させ、リフレクソロジーを確立しました。「フィットチャート」という足裏反射区図を作成し、多くの代替医療家に伝え、それがイギリスにも伝わったと言われています。

イギリスでは、ルネ・ターナーらによってさらに様々な実験・検証が行われ、議会などでも承認され、通常の保険医療に組み込まれています。

 

足つぼマッサージとリフレクソロジーの違い

リフレクソロジーは、たびたび「足つぼマッサージ」と訳されることもあり、広義には同一の内容です。

足つぼマッサージは、どちらかといえば「指圧」の仲間で、1点集中でツボを垂直押して刺激します。

一方、リフレクソロジーは、指の腹を中心に優しく刺激し、老廃物を流し、血流やリンパの流れを良くするように施術します。欧米では、医療現場の「緩和ケア・補完療法」として広く活用されています。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト