たんぱく質で筋肉を付け怪我の回復力UP!

投稿日:2014.01.09

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

むち打ちや肩こり、腰痛などのとき、筋肉に小さな傷ができていることがあります。その傷を修復するために、身体はたんぱく質などの栄養を送ります。

今回は、腰痛や肩こりにいい「たんぱく質の摂取」についてのお話です。

 

「たんぱく質」が不足すると、筋肉が衰えていきます。筋肉は骨を支えています。この筋肉が衰えると、疲れやすくなり、腰痛や肩こりなどを起こしやすくなります。

筋肉の材料になるのがたんぱく質です。交通事故などで傷ついた筋肉を補う栄養素も、このたんぱく質です。しっかりと摂ることが治療にも欠かせません。

 

たんぱく質が豊富な食品には、

・お肉(鶏ささみ・豚ヒレ肉・牛モモ肉)

・お魚(生鮭・まぐろ赤み・かつお)

・卵

・大豆製品(納豆・木綿豆腐)

などがあります。

 

たんぱく質と多く含む食品というと、まず思い浮かべるのが“お肉”ですね。お肉は、脂肪が多く含まれている物もあるので、コレステロールを摂りすぎてしまうこともあります。お肉は脂肪分の少ない赤身を選ぶようにしましょう。

脂肪が少なくて効率的にたんぱく質が摂れるものに“卵”があります。卵は、体内では作られない必須アミノ酸をすべて含んでいる、良質がたんぱく質です。筋トレをしているひとにも卵はおすすめの食品です。

 

たんぱく質には、「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」と2種類あります。理想的なのは、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を1対1の割合で摂取することです。そのためには片寄った食事ではなく、肉や魚、豆腐、乳製品、野菜などを、バランスよく摂ることが大切になります。

 

たんぱく質は、毎日同じ量摂ることが必要です。たんぱく質を摂取してから、筋肉に届く時間は約2時間かかると言われています。早く作用してほしいときは、アミノ酸のサプリメントなどを一緒に摂取すると、たんぱく質を分解するのを助けてくれます。

無理なダイエットや、朝ご飯抜きの生活を続けるだけでもたんぱく質は不足していきます。食事の内容と食習慣も見直してみましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト