スポーツ選手はなぜ脱臼するの?

投稿日:2014.12.11

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

脱臼というと、「スポーツ選手」に多い症状、という印象はありませんか?なぜ、スポーツ選手は脱臼しやすいのでしょうか?

 

■スポーツ選手に多い脱臼

柔道やスキーなど、はげしい転倒や衝突などで、脱臼する人は多いです。

また、バレーボールやテニスなどで腕を上げて、後ろに回す動作をした時に、肩がはずれることもあります。

 

実は、身体の良く動かす部分では、脱臼しやすいようにできています。

関節には特定の方向だけに動く単軸関節と、違う方向にも動かせる多軸関節があります。

 

多軸関節の中でも球関節といって、いろいろな方向に動かせる肩や股関節は、身体の中で安定性が乏しいため、外から大きな力がかかると、簡単にはずれてしまいます。

 

相手の選手に接触する機会が多いスポーツや、プレー技術が求められるプロスポーツなどでは、怪我をする機会も多くなるため、脱臼もしやすいといえるのです。

 

 

■脱臼は、くせになりやすい?

脱臼の治療は、骨を元の関節の位置に戻し、数週間固定します。一度脱臼した人は、その後脱臼を繰り返すことがあります。

 

繰り返す理由のひとつは、不完全な治療によるものです。痛みがひくと、固定をやめて運動を始めてしまう人も多いです。

また脱臼しやすい人は、自分で整復してしまって、治療を受けない人もいます。

 

見た目は単純な脱臼でも、はく離骨折などをともなっていることもあります。無理にひっぱると、その他の部分をいためてしまうこともあり、レントゲン検査、整復、固定を適切に行う必要があります。

 

 

■インナーマッスルを鍛えよう

脱臼しやすい人は、インナーマッスルを鍛えるようにしましょう。

 

“インナーマッスル”というのは、身体の奥の方にある筋肉のことです。関節の位置を正常に保ったり、姿勢を細かく調製したりする機能があります。

 

インナーマッスルを鍛えれば脱臼をしないというわけではありませんが、バランスがよくなり、動きが安定していきます。そして怪我が少なくなれば、脱臼も防げます。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト