再発防止(1)座っている時の姿勢

投稿日:2014.04.03

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

ぎっくり腰などの腰痛や、肩こり・むち打ち症などの首痛・肩痛を発症した方の中には、何度も再発してしまう人がいます。これらの再発させやすい人には、生活の中で無意識にやってしまう「悪い習慣」が原因になっていることがあります。これから5回に渡り、「再発させやすい習慣」をご紹介します。

 

今回のテーマは、「猫背で座ってしまう」習慣です。

 

皆さんは座っている時の“骨盤”位置について、意識したことはありますか?

実は、猫背で椅子に座ると、骨盤は後ろに傾いている状態なのです。自分では胸をはって姿勢を正しているつもりでも、骨盤は後ろに傾き、腰は丸まっています。このままの状態で長い時間座り続けると、腰には大変な負担がかかり、腰痛の発症・再発の決定的な要因となってしまいます。

 

また、座っている時に“脚を組む”人も多いですが、これは、上になる方の足を上半身に近づけることで、血液の巡りがよくなり、姿勢が楽になった気がするのです。しかし、脚を組むことで、骨盤の左右で高さの差が生じ、ますます骨盤の位置がズレた状態になっています。すると、今度は骨盤が下がっている方の足を上げて、骨盤の位置を安定させたりと、悪循環が続きます。

 

そんな猫背の姿勢で椅子に座った状態で、急に椅子から立ち上がったり、体をひねったりするとどうなるでしょうか?

 

上半身と下半身がうまく一体となっていない状態で、上半身だけ動かすと、腰の関節捻挫や、筋膜を痛めてしまうおそれがあります。こうやって、ギックリ腰になったり、腰痛を再発したりする人が後を絶たないのです。

 

これを防止するには、脚を肩幅くらいに開いて、骨盤を前傾して座ることをおすすめします。膝と膝をくっつけて座ると、直に骨盤が後傾して、自ずと猫背になってしまうからです。

また、最近する機会が減りましたが、正座の姿勢が、実は自然と骨盤が立ち、背筋が伸びて、一番腰に負担が少ないのです。上半身の重みが骨盤にのるようなイメージで、座ってみましょう。

 

猫背で座ってしまう癖のある人は、このように“骨盤”を意識してみましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト