坐骨神経痛の特徴

投稿日:2014.12.11

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

「坐骨神経痛」という言葉を、聞いたことはありますか?

 

■坐骨神経痛のおもな症状

・腰の痛み・しびれ、お尻の痛み・しびれ、太もも裏の痛み・しびれ

・足を触ると感覚が鈍くなる。足に力が入らなくなる

・痛みのため歩行が困難になる。座っていられなくなる

 

また、びびっと電気が走るような感覚や、ピリピリする感覚など、人によって様々です。

このような症状の方は、「坐骨神経痛」の疑いがあります。

 

 

■坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、お尻や太もも、ふくらはぎなど、からだの後の方を通る神経です。そのため、坐骨神経痛の人は、お尻から足の指の範囲に症状が出ることが多いのです。

 

また、坐骨神経は、太くて長い神経です。腰部、骨盤部から足の末端にかけて、何かしら神経に刺激が加わると、下半身の痛みやしびれなどの症状がでます。坐骨神経は、膝の裏あたりで枝分かれしているため、膝より下の外側面辺りに症状を感じる人もいます。「椎間板ヘルニア」も坐骨神経痛の仲間なのです。

 

 

■座っていると痛くなるタイプ

坐骨神経痛には、いろいろなタイプがあります。その中で、歩いたり立ったりしているときは大丈夫でも、座っていると痛くなるタイプがあります。

 

これは、仙骨の近くや坐骨のまわりにコリを感じ、下肢(膀胱経中央、大腿部内側の腎経上)にコリのラインがでてきて、そのコリが痛み、つっぱり、しびれてくるのです。

 

 

■まずは痛みの原因を調べます

坐骨神経の多くは、片側のお尻や下肢に痛みやしびれが出ます。もしも両側に症状が出ている場合は早急に病院へ行きましょう。

 

坐骨神経痛自体は、病名ではなく症状を表す言葉です。そのため、原因になる疾患は何か調べる必要があります。

 

何かのきっかけで、坐骨神経痛らしき症状が出た場合と、ある日突然に痛み出した時のように、原因が自分でもよくわからない場合とがあります。

 

心当たりが無い場合でも、最近他に体の不調はないかを思い返し、病院で診察を受ける際に医師に伝えるようにしましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト