柔道整復師について(2) 柔道整復師はどんな職業?

投稿日:2013.11.24

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

柔道整復師は、国家資格で、怪我を「柔術(柔道)」によって施術(治療)します。柔道整復師が施術できる症状は、骨折・脱臼・ねんざ・打撲などです。柔道整復師は、整形外科などの病院や、整骨院や接骨院などで働き、外側から怪我を評価し、治療するスペシャリストです。

骨折や脱臼でずれてしまった骨を元の位置に戻す治療のことを「整復」といいます。整復した骨がまたずれといけないので、怪我している場所を保護するために、色々なもので幹部を固定します。これらを行うのが、柔道整復師です。

柔道整復師の主な業務は、骨折、脱臼、捻挫、打撲など日常的に起こる怪我に対して施術(治療)を行い、患者さんを早期に社会復帰させることです。

 

柔道整復師の治療手順は、

・怪我の状況を外見から評価する

・整復(骨のずれを合わせる)

・患部を固定

・リハビリテーションです。

 

また、柔道整復師が行う「施術」は大きく分けると、3つに分類されます。

・骨や関節がずれた際に元の位置に戻す「整復法」

・骨折の際、ギブス、包帯などで患部を固定して回復をはかる「固定法」

・機能回復を早めるために行う「後療法」です。

 

さらにこの「後療法」にも3種類あり、

・手や手のひらで体に刺激を加えることによって自然治癒力を引き出す「手技療法」

・手ではなく、温熱療法や水圧療法など、電気や光、温熱、冷却、音波、水など物理的エネルギーを用いて身体の機能回復をはかる「物理療法」、

・運動を積極的に取り入れることで機能回復をはかる「運動療法」です。

 

通常、骨折や脱臼、捻挫や打撲などの処置は、医師の同意が必要です。そのため、柔道整復師はこのような直接的な治療には、応急手当てを除いては関わりません。柔道整復師は、外科手術やレントゲンを撮影や、薬品投与などは禁止されています。

そのため、怪我や骨折の状況によっては、まずは病院で検査をして、医師の判断をあおぐ必要があるのです。人間のもっている自然治癒力を最大限に生かし回復させるのが、柔道整復師の仕事です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト