柔道整復師について(4) 柔道整復師の国家試験について

投稿日:2013.11.25

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

3年制の専門学校では、3年生の終盤の11月ごろになると、「認定実技審査」という試験を受けます。これは、国家試験の中の実技試験に位置づけられています。

内容は、ケガをした患者さんに対する処置などについて口頭で答えたり、その処置のモデルを用いて行ったりします。

また、その他には、柔道の実技もあります。柔道の実技では、基本となる礼法、受け身が正しくできるか、かた(形)と呼ばれる所定の技を使って正しく投げることができるか、また投げられることができるか、などを審査するものです。

 

この「認定実技審査」に合格できれば、次のステップの筆記試験の国家試験を受験できないだけでなく、学校を卒業することもできません。

 

そして、卒業を間近に控えた3月の上旬の日曜日に、国家試験が実施されます。この国家試験は、公益財団法人柔道整復研修試験財団が行います。試験地の都道府県が決まっており、北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄の10つの都道府県です。

年に1回しか行われないため、もし試験に落ちれば、来年の受験になってしまいます。

毎年9月ごろに、試験の詳細が発表され、受験願書などの必要な書類は、1月の提出期間中に、郵送原則(書留)送らなければなりません。受験手数料は、平成25年度で16,500円です。

 

試験は、午前の2時間30分と午後の2時間30分の合計5時間にわたって、今まで学校で習った教科の筆記試験が行われます。出題数は午前、午後合わせて230問。全てが、4つの選択肢の中から解答を1つまたは2つ選ぶマークシート方式です。(四肢択一または四肢複択)

 

国家試験の約3週間後に、合格発表が行われます。毎年、5000人前後の人が合格しています。合格発表はWeb上に合格者の受験番号が掲載される他、合格発表から数日して受験者本人に合格通知が郵送されてきます。

それで、免許の申請など所定の手続きを行い、免許証の交付を受け、これで念願の柔道整復師になることができるのです。

合格発表は、厚生労働省のHP内でも閲覧できます。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト