柔道整復師について(5) 柔道整復師の主な進路は?

投稿日:2013.11.25

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

在学中に学んだ知識や技術を基に、柔道整復師になるための学校を卒業後は、臨床現場(接骨院、整形外科病院など)で柔道整復師として経験を積むことになります。

柔道整復師の主な進路は、整骨院や接骨院を開業することが多く、そういった施術所や病医院に勤務するケースが多いです。

 

また、鍼灸あん摩マッサージ指圧師の免許と合わせて活動する人も多いです。例えばスポーツトレーナーのように、様々なスポーツ種目のチームトレーナーなどに進出する人もいます。

また、最近では柔道整復と他の業種の資格を応用して活躍する人も増えてきました。介護保険制度では、柔道整復師は5年以上の実務経験があり、試験に合格すると介護支援専門員(ケアマネジャー)になれます。また、通所介護(デイサービス)における機能訓練指導員としての道もあります。

中には、中学校や高校で体育の教師として活躍しているひともいます。

 

近年、スポーツ現場で活動する『アスレティックトレーナー』の存在が注目を集めています。最近ではスポーツ現場でアスレティックトレーナーとして活躍する柔道整復師が増えています。

アスレティックトレーナーとは、スポーツの現場で発生したケガの応急処置を行ったり、アスリートがケガから復帰するまでのリハビリテーションを行ったり、スポーツによるケガの予防などが主な仕事です。

 

ここで、医療従事者について考えみましょう。医療従事者には、医師をはじめ、看護士、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、介護福祉士、保健士、助産婦などの多くの職業があります。

 

実は、この中で開業権があるのは医師、歯科医師以外には、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師だけなのです。

他の職種には、あくまで医師の指導のもと、病医院等でしか自分の知識や技術を生かせません。つまり、独立開業権はありません。

この点、柔道整復師は病医院等で勤務することもでき、独立して整骨院や接骨院を経営できというわけです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト