疲れにはビタミンB群

投稿日:2014.01.13

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

筋肉の疲れをとるにはビタミンが欠かせません。今回は「ビタミンB群」のお話です。

 

肩こりなどの筋肉の疲れは、乳酸という物質が体内に発生することで起こります。

乳酸は、スポーツをした後などエネルギーを消費すると発生し、通常は他の物質に変化したり、排泄されたりします。しかし、乳酸が大量に発生し、それを処理しきれずに体内に溜まってしまうと、血液の循環が悪くなり、肩こりや筋肉痛をまねきます。

つまり、乳酸がたまると、疲れを感じるのです。ビタミンB群は、乳酸のような、筋肉にたまった老廃物の除去に役立ちます。ビタミンB群は、8種類あります。

 

◆ビタミンB1:主に糖質の代謝に役立ち、抹消神経の働きを正常に保ちます。豚ヒレ肉やウナギなどに多く含まれます。

◆ビタミンB2:主に脂肪の代謝に関わり、健康的な肌や髪をつくります。豚レバーや牛乳などに多く含まれています。

◆ビタミンB6:神経系を正常に保つ働きをしています。月経前症候群の症状やつわりを和らげたりと、特に女性に関わりの深いビタミンです。レバーやマグロや生ざけなどに多く含まれています。

◆ビタミンB12:神経系を正常に保つ働きをきています。貧血やだるさ、めまいなど、欠乏すると精神的な落ち込みなどの症状があらわれます。あさりやレバーなどに多く含まれています。

◆ナイアシン:脂質、糖質、たんぱく質などの代謝に不可欠で、特にお酒を飲む人に多く消費されます。かつおやまぐろ、レバーなどに多く含まれています。

◆葉酸:細胞の新生に不可欠で、特に胎児の正常な発育に役立ちます。レバーやモロヘイヤなどに多く含まれています。

◆パントテン:身体の抗体力を高め、風邪をひきにくくします。レバーや納豆などに多く含まれています。

◆ビオチン:エネルギー代謝に関与し、皮膚炎を改善します。レバーやあさりなどに多く含まれています。

 

ビタミンB群は、それぞれが補い合って働くため、一つが欠けてもよくなく、偏りなく摂取することが大事です。また、水溶性ビタミンのため、長時間水にさらしたり、調理したりすると失われやすいため、できるだけ新鮮な材料を使った方がいいでしょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト