肩こりにいいビタミンE

投稿日:2014.09.04

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

血行が悪くなると、肩こりになりやすくなります。血行をよくするには、身体をあたためたり、マッサージをしたりするのが効果的です。しかし、「お風呂に入った時は一時的によくなるけど、あまり効果が長続きしない!」という方には『ビタミンE』がおススメです。

 

【ビタミンEはどんなビタミン?】
不妊症の研究がきっかけで、発見されたビタミンE。今でも、多くの婦人科で補助サプリメントして処方されています。ビタミンEは、「トコフェロール」と「トコトリエノール」に分類されますが、この“トコ”は“子供を産む”という意味からきているそうです。

 

体内に入ってくるウィルスや細菌を退治してくれるのが“活性酸素”と呼ばれる強い酸化作用を持つ物質です。それが異常に増えてしまうと、健康な細胞まで攻撃するようになり、細胞膜の脂質が酸化し、細胞や血管を老化させてしまいます。
ビタミンEは、細胞膜の脂質部分に溶け込み、細胞膜を守ると考えられていて、そのため“抗酸化ビタミン”と呼ばれています。

 

【ビタミンEに期待できること】
ビタミンEは、毛細血管を拡張させる働きをもっています。血流がよくなれば、細胞の隅々まで栄養や酸素がいきわたり、冷え性や肩こりを改善してくれます。肌荒れやシミ予防も期待でき、若々しさを保つビタミンです。
オリーブオイルやひまわり油などの植物油や、アボガドやピーナッツなど、さまざな食品にビタミンEは含まれています。合成のものより、天然のものの方が抗酸化能力は高いので、上手に摂取するといいでしょう。

 

【とりすぎには注意を!】
ビタミンEをとりすぎると、骨がもろくなって、骨粗しょう症になる恐れがあるといわれています。しかし、上限800mgの範囲内であれば、特に問題はありません。サプリメントで摂取する場合は、使用量を確認するといいでしょう。また、血中のビタミンEの濃度が高まるには2週間ほど連続して摂取した方がいいそうです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト