肩こり腰痛の原因(1)姿勢

投稿日:2014.01.14

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

もともと肩こりや腰痛などの筋肉疲労をしているところに、交通事故に遭ったらどうなるでしょうか?症状を悪化させるだけでなく、新たな痛みを生むことになります。負のスパイラルに陥らないためにも、普段から筋肉疲労を起こさないように、気を付けることが大切ですね。

これから6回に渡り、筋肉疲労が起こる原因についてみていきます。今回は「姿勢」のお話です。

 

現代人の生活では、長時間のデスクワーク、車の運転、携帯電話やスマートフォンの使用など、前かがみの姿勢や、背中をまるめた姿勢が多くなりました。本来、よい姿勢とは、背骨がゆるやかなS字カーブを描いた状態です。

ゆがんでいる姿勢をカバーするために、肩や首、腰などに必要以上の負荷がかかります。例えば、「いすに座ってパソコンを打っている時、あごを大きく前に突き出して操作している人」や、「いすに浅く腰掛け背もたれに体重をあずけている人」などは、まっすぐ立っている時よりも何十倍も首や背中に負担がかかっています。筋肉量が少ない女性やシニア層になれば、その負担は一層大きくなります。

 

肩こりや腰痛は、そんな悪い姿勢を一生懸命に支えている「筋肉」の悲鳴といってもいいでしょう。「腹筋がないから姿勢が悪いのはしょうがない」と諦めることも、反対に筋トレをすればいいというものでもありません。

猫背や、凹円背(おうえんばい:猫背とは反対にお腹が前にでている姿勢)だと自覚がある人はまだいいですが、姿勢はくせのようなものなので、無意識にとっていることが多いです。

 

また、姿勢が悪いひとは、肩が上がっている人が多いです。肩が上がると、肋骨も上がりっぱなしになっているので、息苦しい、息がうまく吸えない、といった症状がでてきます。うつ病や自律神経失調症の人も、同様の症状がみられます。姿勢が悪いと、心の病を引き起こす原因にもなるのです。

 

普段から姿勢に注意し、長時間同じ姿勢をとるのではなく、こまめに筋肉をほぐすなど、悪い姿勢にならない環境づくりに努めましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト