肩こり腰痛の原因(2)運動不足

投稿日:2014.01.15

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

筋肉疲労は運動のしすぎで起こることもありますが、身体を動かさないことによっても起こることがあり、運動不足は肩こりや腰痛の大きな原因のひとつになっています。今回は、「運動不足」が肩こりや腰痛にどう影響するのか、お伝えします。

 

「動いていないのに、なぜしんどくなるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。心肺機能は、運動をする度に鍛えられていきます。反対に運動をしなければ、どんどんその働きが衰えてしますのです。つまり、サビついた機械を動かすのは、大変な力がかかるのと一緒で、運動不足の状態が続くと、運動負荷の高さが上がってしまうのです。

 

これは、生活が便利になっていることにも原因があります。交通機関が発達した現代では、以前のように長時間歩いて移動することはありません。デスクワークでは、電話やメール1本で済むことが多くなりました。車の運転や立ち仕事など、同じ姿勢を保たねばならない時もあります。かつては家事も重労働でしたが、掃除機や洗濯機などの普及で手間がかからなくなりました。

 

このように現代人は、常に運動不足の状態にあります。運動をしないと、筋肉量は減っていきます。また全身の筋肉を動かさないでいると、いつも一定の筋肉だけを使って姿勢を保たねばならず、その筋肉は常に収縮しっぱなしです。よい姿勢でも、長時間動かさずにいると同じ状態になります。

 

体を動かすことによって、筋肉は収縮と弛緩を交互に行ってポンプのように血管をしめつけたりゆるめたりして血液が流れます。運動不足の状態では、特に静脈の血流が悪くなりがちです。動脈は心臓のポンプ運動によって血液が押し流されますが、静脈は、周囲の筋肉が動くことで初めて血流が促される血管です。静脈は全身から老廃物を受け取って心臓に戻す血管なので、静脈の血流が悪くなると、老廃物が排泄されず、肩こりや腰痛の原因になってしまうのです。

 

筋肉を動かして、血流を促し、そして筋肉量を増やすことは、筋肉のコリや痛みの解消の鍵ということになります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト