背骨はゆるやかなS字を描いていますか?

投稿日:2014.03.26

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

首からお尻まで、背骨でつながっていることをご存知ですか?

 

私たちの身体を支えている背骨は、頭がい骨の下から骨盤まで、椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が24個積み重なってできています。上から順に、

・7個の椎骨からなる頚椎(けいつい)

・12個の椎骨からなる胸椎(きょうつい)

・5個の椎骨からなる腰椎(ようつい)

と、3つの部分に分けられます。英語の頭文字をとって、頸椎(Cervical spine)はC1~C7、胸椎(Thoracic)はT1~T12、腰椎(Lumbar)はL1~L5で表現されることもあります。

 

椎骨と椎骨の間には、椎間板があります。椎骨と椎間板を安定させているのが、靭帯です。

椎骨の間には、椎孔という空間があります。その空間が重なることで、脊柱管となり、その中を脊髄(せきずい)や馬尾神経(はびしんけい)が通っています。

 

椎骨は、横からみると頚椎は前に、胸椎は後ろに、腰椎は前に、ゆるやかにわん曲しています。このゆるやかなS字カーブを、生理的にわん曲といいます。このわん曲のおかげで、頭や身体の重みを分散し、バランスを保ちながら、二本の足で立ったり、運動したりしているのです。

 

皆さんの背骨は、ゆるやかなS字カーブを描いていますか?

 

デスクワークや車の運転で前かがみの姿勢になったり、骨や関節を支える筋力が低下したりすると、背骨のS字カーブを正しく保ちにくくなります。背骨の中には神経が通っているため、このわん曲のバランスが崩れると、身体的にも精神的にも、さまざまな影響がでてきます。

 

肩こりや腰痛の原因は、この背骨のS字カーブを描けていないことが原因かもしれません。

肩こりや腰痛の解消と再発防止のために、最も効果的な方法は、悪い姿勢を招く生活習慣や生活環境を見直して、改善していくことが一番の近道です。

 

耳の穴、肩、股関節の中央、ひざ関節の中央、くるぶしを結んだ線が一直線になっているかどうか確認してみましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院