足先冷え性の原因と改善策

投稿日:2014.12.11

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

足先が冷えて、ジンジンと痛い。温めてもなかなか治らないのは、なぜなのでしょうか?

 

◆足先が冷たくなるメカニズム

わたしたちの身体は、血液が循環しています。体温を下げたいときは、血管を拡張させ皮膚表面温度を上げて、熱を外へ逃がします。反対に、身体が冷たくなれば、血管を縮小し、熱が逃げるのを防ぎます。

 

血管といっても、髪の毛の14分の1しかない毛細血管がほとんどです。こんなにも細い血管の中を、血液が行き来しているので、優先的に血液が運ばれるところと、そうでないところに分かれてしまいます。手足の末端は、いつも後回しというわけです。

 

また、足の指の間や、足の甲にまである筋肉をポンプのように動かすことで、足先を温めています。現代の人は、運動不足や硬い靴など、足を動かさない生活をおくるおり、その筋肉を衰弱させてしまっているのです。

 

 

◆筋肉を動かそう!

足の動きが制限されると、足先への血流が滞ってしまいます。外側からいくら温めようとしても、体を動かさなければ、毛細血管は刺激されません。

 

靴は、ヒールや革靴など硬い靴ではなく、たまにはスニーカーやサンダルなど、足を自由に動かせるものを履くようにしましょう。

 

靴下も、家にいるときは薄いものにし、足の指も動かすようにすると、筋肉が働き、足先まで温めることができます。

 

 

◆身体がゆがんでいませんか?

足の骨のゆがみにより、血管が圧迫され、足先への血液が滞りやすくなります。O脚や、X脚などの脚のゆがみは、専門の施術を受けることで改善することができます。

 

また、ゆがんでいる箇所は足だけでなく、背骨など、他にある可能性もあります。身体のどこかがゆがんでいれば、足先への血流が滞るのです。

 

姿勢が悪かったり、からだのどこか痛い所があれば、それを治すことが、足の冷えを治すことに繋がります。

 

じっとしているより、体を動かし、自分で熱を発生させるように、意識を変換しましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト