骨折の種類

投稿日:2014.10.06

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

骨が折れたり、ヒビがはいったりすることを「骨折」といいますが、骨の折れ方や状態によって、いくつかの種類に分けられます。骨折の種類についてご紹介します。

 

◇骨折の状態による名称

<単純骨折>単純骨折とは、皮膚の損傷はなく、骨折部が体の外に出ていない骨折のことをいいます。閉鎖骨折ともいいます。治療はギブスで固定するのが主流です。一般的に骨折といえば、この単純骨折のことが多いです。

 

<複雑骨折>複雑骨折とは、骨折部が体の外に出ている骨折のことをいいます。開放骨折ともいいます。折れ方が複雑なのではありません。皮膚から突き出した骨には細菌感染しやすいので、その治療を行うという意味で、複雑と呼ばれています。

 

<粉砕骨折>骨が粉々に砕け、複数の骨折線、骨片が存在する骨折です。手術をして、骨折しているところをつなぎ合わせます。

 

<亀裂骨折>骨に亀裂・ヒビがはいった骨折のことです。治療はギブスで固定し、自然にくっつくのを待ちます。

 

◇骨折線の方向による名称

<横骨折>まっすぐ棒を折るように折れて、骨折線が真横にはいる骨折です。

 

<斜骨折>横や縦ではなく、骨に斜めに骨折線がはいる骨折です。

 

<螺旋骨折>骨折線がらせん状になっている骨折です。治療がしにくく、後遺症が残ることもあります。

 

◇骨折の原因による名称

<破裂骨折>押しつぶされ破裂したように崩れた骨折です。しびれや麻痺がでることがあります。

 

<圧迫骨折>軸方向の圧力によって潰れた骨折です。脊髄を圧迫して神経症状がある場合は手術を行うこともあります。

 

<剥離骨折>骨が筋肉によって引っ張られて、筋や腱が骨と接合している部分などが剥がれた骨折です。捻挫や突き指と勘違いされることも多いです。

 

<疲労骨折>通常なら骨折にならない程度の力が反復的に加わり、骨折を起こした状態です。疲労を起こす原因となったこと(スポーツなど)を中止し治療しますが、よくなっても同じ部位を再骨折することも多いため、注意が必要です。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト