身体の動作・習慣・機能

骨密度(1)若い人も要注意?

投稿日:2014.12.11

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

全国で約1000万人いると言われている骨粗しょう症。昔は高齢者の病気として知られていましたが、若い人でも増えているそうです。

 

■骨が衰えると大変

骨には3つの機能があります。

(1)身体を支え、外部の衝撃から臓器を守る役目

(2)カルシウムを蓄え、供給する役目

(3)骨髄で血液を作る役割

 

また、古い骨を壊して、新しい骨に作り替えることもしています。カルシウムが不足すると、不足分を骨から取り出し、血液中のカルシウム量を保とうします。

 

骨粗しょう症とは、骨がスカスカになって、もろくなってしまう病気です。骨折しやすくなったり、さまざまな病気を誘発します。骨折や腰痛ではじめて骨粗しょう症に気が付いた、という人が多いようです。

 

 

■骨が衰えると老化する?

骨というと、「白いカルシウムの塊」だと思っている人も少なくありません。

「骨を、心臓や肝臓と同じような臓器だと考えましょう」と言われてもピンときませんね。

 

最新の研究では、骨がまるで脳のように全身の臓器を操っているということが分かってきています。

骨の中にある「骨細胞」という細胞は、骨に衝撃や重力がかかると、全身の臓器を活性化させる、シグナルを送っています。身体を動かさないと、骨に負荷がかからないので、骨細胞が減ってしまい、シグナルが出にくくなります。

 

そして、免疫機能の低下や赤血球の減少など、全身の臓器の働きを低下させてしまいます。

つまり、骨が衰えると、全身が老化するといってもいいくらいなのです。

 

 

■若い人の骨粗鬆症が増えている?

骨密度は、20歳前後をピークに徐々に減っていきます。

 

実は、若い人の6人に1人は、50歳代の骨密度だというデーターが発表されました。骨粗しょう症が、低年齢層にも広がっているようです。

 

この原因は、運動不足や睡眠不足などが影響しています。また、偏食やダイエットなどによる食生活の乱れなども影響しています。

 

人間ドックなどで骨密度を検査する機会がある人は、自分の骨密度を知っておきましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

階段を楽に上がる方法

投稿日:2014.11.18

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

むち打ちなどで首や頭が痛いときに、階段の上り下りをすると、ズキズキと痛みが増してしまいますね。階段を楽に上がるために、いくつか方法をご紹介します。

 

 

●手を前に差し出して上がる

階段を上がる時に、片手を少しだけ前に差し出して上がるだけで、楽に上がることができます。

 

階段を上がる時に、足を高く上げると、身体が不安定になり、それを支えようと身体中のあらゆる筋力を使ってしまいます。片手を少しだけ前に出すことで、無駄な力が入らないので、バランスよく上がっていくことができます。

 

バックなどの荷物を持っている場合は、胸で抱えるように持ってください。ふらつきなく上がることが、痛みを軽減し、安全に上がることにつながります。

 

 

●手足を同時に出して上がる

人は歩くときに、左右の手足を交互にだします。これを、手と足を同時にだして上がるだけで、楽に階段を上がることができます。スポーツ選手が練習方法で取り入れている、いわゆる「ナンバ(南蛮)歩き」です。

 

手足を同時に出すということは、身体が若干前傾姿勢になります。すると、自然と前傾姿勢になるので、前に進もうとする力が生じます。一方、手足を交互にだすときは、重心は身体の真ん中にあります。この状態で階段を上がると、後ろ向きに重心がかかるのです。

 

 

●かかとの上に上半身ののせる

階段を上がるときは、太ももの力を使いますが、かかとの上に上半身の乗せる意識で上がると、比較的つかれにくいです。足のかかとを少し浮かせてもいいでしょう。

 

太ももの前側の筋肉は、瞬発力があるのですが、疲れやすいという欠点もあります。できるだけ、持久力のある太ももの後ろ側(ハムストリングスなど)を使う方がいいでしょう。

 

おへその位置と、足のかかとの距離が離れれば離れるほど、太ももの前側の筋肉を使う割合が増え、疲れやすくなります。

 

 

いかがでしたか?階段を下る時は、膝などに負担がかかりますので、できるだけゆっくり、やわらかく着地するようにしましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

ストレスに強くなる方法

投稿日:2014.09.13

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

ストレスを感じたら、自律神経のバランスを整えて、ストレスに負けない身体を作ることが大切です。
そのためには、十分な睡眠、栄養バランスのよい食事、適度な運動、規則正しい生活、適量飲酒、禁煙などが大切です。なかでも重要なのは、“睡眠です”

 

【睡眠不足が続くと・・・】
睡眠が十分にとれていないと、疲労回復を促す“成長ホルモン”が十分に分泌されません。疲れを翌日にまで持ち越すと、イライラが高まり、ストレスに対する適応力が低下していきます。

 

睡眠不足であるということは、夜遅くまで起きている可能性が高く、不規則な生活から体内時計が狂いはじめます。すると自律神経やホルモンのバランスが乱れ、ストレスをより強く感じるようになります。

 

睡眠時間が短くても、朝は決まった時間に起きるようして、朝日を浴びれば、体内時計はリセットされます。睡眠リズムが整えば、ストレスに強くなれるのです。
ストレスがたまってきたと感じたら、ゆっくりお風呂に入り、ゆっくり休むことです。

 

また、体内時計のリセットには、毎日決まった時間に朝食を食べることも大切です。3食規則正しくバランスよく食べれば、ストレスへの抵抗力を高める栄養素をしっかり取ることができます。

 

【何かに熱中する、運動する】
ストレスを感じたときは、何かに熱中してみることもおすすめです。絵をかいたり、本を読んだり、カラオケで歌ったり、スポーツ観戦に行ったり。好きなこと、夢中になれることを見つけて、楽しみましょう。短時間でも頭がからっぽになり、ストレスを忘れることができます。

 

また、じっとしているよりも、体を動かして汗をかいた方が、痛みを忘れてリフレッシュすることができます。ストレスがたまると、家の中にこもりがちですが、体を動かすことで、多くの酸素を取り込むことができ、血液の流れがよくなります。有酸素運動やストレッチを、無理のない程度から始めてみましょう。生活習慣病の予防にもなります。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

笑いでリラックス

投稿日:2014.09.13

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

楽しかったり、嬉しかったりしたときにする“笑い”。今回のテーマは「笑いでリラックス」です。笑いの効果について解説していきます。

 

【笑いと自律神経の関係】
笑うことで、交感神経が優位になるのでしょうか?それとも副交感神経が優位になるのでしょうか?
ユーモアを感じて自発的に笑った瞬間は、一時的に興奮状態になるため、交感神経が上昇します。しかしその後、交感神経は低下していき、リラックス傾向を示すようになります。つまり、自然な笑いが喚起されることで、交感神経と副交感神経のバランスがよくなり、緊張や不安、疲労などが低下していくのです。
ストレスが多く、交感神経ばかりが優位にある人は、笑うことによって、副交感神経を優位に働かせることができるのです。

 

【笑いと筋肉の関係】
笑いすぎると、顔のほほが痛くなることがありませんか?
笑うと、顔のほほの筋肉が動き、これが脳へフィードバックされ、脳のプログラムが呼び出され、“楽しい”という感情が起こります。
人間の脳内では、笑うことでセロトニンという神経伝達物質が増えます。セロトニンは、緊張やイライラをしずめてくれます。
また、最近では笑う時に、脳の「前頭前野」という所が働き、脳を活性化させることもわかってきました。

 

【笑うことでがん予防?】
笑うことで、がん細胞をやっつけるナチュラルキラー細胞が増えるという研究があります。
よく笑う人ほど、ナチュラルキラー細胞が増え、それは作り笑いでもOKなのです。
また、関節リウマチ患者の痛みが軽減したり、糖尿病患者の血糖値が低下したり、笑いの力がさまざまな病気に効果的なことがわかってきました。

 

【笑いうことでアルファ波がでる?】
人はリラックスしたり、集中したりするときに脳波がアルファ波になります。笑うと、脳波にアルファ波が多く現れます。
お笑い番組を見たり、声に出して思い切り笑ったりすることで、リラックス効果を得られるのです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

呼吸法でリラックス?

投稿日:2014.09.12

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

今回のテーマは「呼吸法でリラックス」です。呼吸とストレスの関係を解説していきます。

 

【呼吸と自律神経の関係】
呼吸によって、人は酸素を取り込み、二酸化炭素を放出します。この呼吸は、自律神経により調整されています。
人が集中したり緊張したりしている時は、交感神経が優位になり、呼吸は早く、浅くなります。
反対に、リラックスしているときは、副交感神経が優位になっていて、呼吸はゆっくり、深くなります。自律神経は、自分の意思とは関係なく、勝手に働き、バランスをとっています。

 

【呼吸が及ぼす脳への影響】
生命活動のほとんどの指令を出す脳は、たくさんのエネルギーを使います。脳は、体内に取り込んだ酸素の20%以上も消費します。呼吸によって、脳細胞を振動させたり、拡張・収縮させることによって、脳全体を運動させます。呼吸が安定していれば、結果的に脳は健康であり、情緒も安定してきます。

 

【ストレスを受けた呼吸の状態】
緊張した時、人の呼吸は浅くなります。人によっては、呼吸が止まったように感じるでしょう。ストレスをかかえ、気分が落ち込んだときも、同じような状態になっています。

 

心身が健康な時は、交感神経と副交感神経のバランスが保たれていますが、ストレスを感じているときは、リズムが乱れています。うつ病や、自律神経失調症の方は、うまく呼吸ができないというひとが多いです。
心を落ち着かせるための“深呼吸”は、ゆっくりと大きく呼吸することで、緊張をほぐす効果があります。

 

【息を吐くことに意識を集中しよう】
息苦しくなることへの対策は、まず息を吐くことに意識を集中させましょう。息苦しくなると、どうしても吸うことを意識してしまいますが、肺が膨らんだままだと、息は入ってきません。息を最後までは吐ききり、筋肉がリラックスするのを思い浮かべるといいでしょう。
副交感神経を優位にするためには“腹式呼吸”で、ゆっくり呼吸することが必要です。おなかをふくらませながら、鼻から息をゆっくり吸い込みます。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

音楽でリラックス

投稿日:2014.09.11

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

今回のテーマは「音楽でリラックス」です。音楽を聴くとなぜリラックスできるのかについて、解説していきます。

 

【音楽とストレスの関係は?】
明るくテンポのある曲を聴くと楽しい気分になったり、切ない歌詞のラブソングを聞いて涙したことがある人もいるでしょう。ジャンルを問わず、好きな音楽を聴いている時は、緊張がとけ、心身ともに癒され、ストレス解消になります。

 

音には、「1/fゆらぎの法則」という、単調ではなく、ほどよく変化するゆらぎがあります。川のせせらぎは、いつも同じ繰り返しのようですが、実際はこの「1/fゆらぎの法則」にあるのです。あらゆる音楽は「1/fゆらぎの法則」をもっており、身体の緊張をほぐし、皮膚温を上昇させ、筋肉の緊張度が低下させます。
1日30分でも音楽をきくことで、副交感神経を高めてくれます。

 

【アルファ波とは?】
アルファ波は、ハンス・ベルガ―が命名しました。脳が発生する電気信号のうち、8~13ヘルツ成分のことをさします。
リラックスしている時の脳波は、このアルファ波が占めている割合が多く、目を閉じて、安静にしていればアルファ波が多く出現します。
音楽がアルファ波を発生させることはできませんが、音楽を聴くことでアルファ波がでやすい状態にすることはできます。特にクラシック音楽を聴いているときは、アルファ波が出やすいと言われています。

 

【右脳と左脳?】
一般的に左脳は言語をつかさどり、右脳は非言語をつかさどると言われています。音楽は右脳を刺激し、いつも使っている左脳が休めます。歌詞がある曲は左脳が休まらないため、歌詞のないクラシック音楽や、言語がわからない外国の音楽が左脳を休ませるのに効果的です。

 

【音楽療法】
植物に音楽をきかせると、成長が早いといわれています。高齢者ケアや、引きこもりの児童のケアなど、精神的な治療に“音楽療法”は用いられています。音楽を、聴く、歌う、演奏することで、不安やうつ状態を和らげるという効果が期待され、音楽療法士という資格を有した人が、学校や施設などで“音楽療法”を実践しています。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

ストレスと自律神経の関係

投稿日:2014.09.09

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

現代人はさまざまなストレスと抱えています。このストレスが、肩こりなどの原因になっていることも多いです。ストレスを感じると、自律神経のバランスが悪くなります。
今回は、ストレスと自律神経について解説していきます。

 

【ストレスとは?】
ストレスという言葉を初めて使ったのは、カナダのセリエです。生体が外部から寒冷、外傷、疾病、あるいは怒りや不安などの精神的緊張(ストレッサー)を受けたときに、生体に一定の反応が起こることを発見しました。ストレッサーによる身体の緊急反応に対し、体温・血圧・血糖値の低下や筋緊張の低下を起こしたり、反対に体温・血圧・血糖値の上昇や筋緊張の増加を起こしたりして、この刺激に適応しようとします。
ストレスが続いても、エネルギーが高い間はいいのですが、エネルギーが消耗すると適応力が徐々に低下していき、再び体温の下降や機能の低下がおこってきます。

 

【自律神経とは?】
自律神経は、呼吸や体温調節などを意思とは関係なく、自動的に働く神経です。自律神経は、活動の神経「交感神経」と、休息の神経「副交感神経」が、自動的に切り替わり、うまく働いています。このバランスが崩れると、さまざまな身体の不調がおこってきます。

 

【ストレスと自律神経の関係】
ストレスが多い生活をしていると、「交感神経」が極度に緊張している状態になります。そこで、「副交感神経」を優位にするようなことをして、そのバランスを整えなければなりません。リラックスをするというのは、そのためです。

 

また、心身のバランスを保つ機構「ホメオスタシスの三角形(自律神経・内分泌系・免疫系の関係)」をご存知ですか?
ストレス刺激は、脳の「視床下部」というところに伝えられます。「視床下部」は、自律神経系と内分泌(ホルモン)系を統合し、生体のバランスを維持しているところです。
また、免疫系には、生体に異物が侵入すると、それを攻撃する働きがあります。この3つが維持されることで、心身のバランスを保っています。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

よい姿勢のイメージトレーニング

投稿日:2014.09.07

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

みなさんはどんな姿勢で、これを読んでいるでしょうか?首を倒し過ぎて携帯電話を触っている人や、首を前に突き出してパソコンを操作している人は、首や肩の周りの筋肉を緊張させています。その状態を長時間続けると、肩こりになってしまったり、眼精疲労で頭が痛くなったりします。

 

正しい姿勢を常に意識することが必要ですが、ちょっとした時間を見つけて、簡単に治す方法があります。今回は、正しい姿勢の治し方を説明します。

 

・「休息をとりましょう」
仕事をしている人も、どこかで「休息」のための時間をとる努力をしましょう。長い休息がとれなくても、1時間に1回は、今している事を中断し、身体を休ませましょう。

 

・「身体をチェックしましょう」
身体のどこかが緊張していないか、調べてみましょう。肩はこっていないか、首は痛くないか、足を組んでいないか、足の指は床に触れているかなど、ちょっとしたことを気付けるように、ゆっくりとした気持ちで身体を確認しましょう。
すぐに真っ直ぐに伸ばそうとしないで、緊張している個所をすべて認識しましょう。

 

・「ストレスを解放しましょう」
緊張しているところを、ほぐしましょう。首が固くなっていたり、肩が上がっていたり、指がうまく動かなかったりしたり、「ストレス」を感じています。パソコンの見すぎ、一点を集中しすぎたせいで、目もストレスを感じています。

 

・「呼吸をしましょう」
腹式呼吸で、お腹を動かして呼吸してみましょう。身体を持ち上げるように、肋骨を浮かせて呼吸を変化させ、息を吸うだけでなく、息をはくことも意識してみましょう。

 

・「よい姿勢のイメージをしましょう」
頭からお尻までが一直線につながっているイメージ、もしくは背中が耳からお尻までつながっているイメージをしましょう。その長さを感じることで、頭の中で多くのエネルギーを感じ、それを骨盤の真ん中近くの2つの骨に集中させます。その場所が最も健康的な姿勢を保つためのポイントです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト

痛みのメカニズム

投稿日:2014.06.18

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

むちうちの症状には、頚椎捻挫型、神経根症状型、バレー・リュー症状型、脊髄症状型、脳脊髄液減少症と5つの型があることが知られています。強さの違いはあっても、どの型であっても、むち打ちには「痛み」はつきものです。

今回は痛みのメカニズムについてご紹介します。

 

「痛み」は、けがをしたというだけでは起こりません。

交通事故で、頚椎まわりの筋肉や靭帯を損傷したりすると、「傷ついた」という情報が発生します。その情報は脳に伝わり、脳で認識されはじめて「痛い」と感じるのです。

通常は、けがが治れば痛みもしだいにおさまっていきます。

しかし、長引く痛みもあります。むち打ち症は、交通事故が起きて数日たってから、だんだんと痛みが強くなることが多いです。これはどうしてでしょうか?

 

実は「痛み」には、大きく分けて3つの種類があります。

■ひとつは炎症や刺激による急性期の痛みです。けがをして炎症が起こると、痛みを起こす物質が発生し、末梢神経の侵害受容器を刺激します。打撲や骨折の痛みはこれによるものです。

■もうひとつは、神経が障害されて起こる痛みです。しびれや疼くような鈍い痛みを伴うこともあります。座ったり立ったりしている時でも、ベッドに横になっている時でも、慢性的に感じる人もいます。

■最後のひとつは、心理・社会的な要因による痛みです。人間関係やストレスなどで、心の問題が原因になって治癒力を阻害したり、痛みを悪化させる働きがあり、やがて慢性化していきます。

 

交通事故にあうと、まず外傷性による炎症を起こして急性期の痛みが起こります。炎症がおさまったあとは、神経的な症状が出現します。不快な痛みがつづくことで、それがストレスとなり、別の痛みを引き起こしてしまう、という悪循環が続きます。こうして、むち打ち症の痛みは慢性化し、長期間続いてしまうのです。

 

痛みを慢性化させないためにも、交通事故にあったときは、医療機関を必ず受診しましょう。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト