VDT症候群(2)原因はなに?

投稿日:2014.11.22

藤沢市カルカル接骨院 (整骨院) のブログです。

 

目、身体、精神的不調をもたらすVDT症候群ですが、その原因はどのようなことなのでしょうか?

 

 

●ディスプレイからの影響

ディスプレイに、照明などが移り込むと、それだけで眼精疲労の原因になります。それは、光が映り込むと、明るさの調整やピント合わせなどで、目の機能に負担をかけるからです。

 

また、作業をしている人は、画面上の文字や図を見ようとしますが、特殊な輝度、色彩、コントラストの表示装置を、一生懸命に見ることでの疲労がでてきます。

 

ディスプレイの改良やインターネットの普及により、最近のディスプレイ画面は、とてもカラフルできれいです。画面は明るく、ただ見る分には影響はなくても、そこにある文字情報を読み取ろうとすると、大変疲れやすくなります。

 

また、顔を動かさず、目だけを動かしてディスプレイの文字を読む人も多いですが、これも過度な疲れが目にかかってきます。まばたきの回数が減り、ドライアイの原因になります。

 

 

●姿勢への影響

パソコンを操作している時も、スマホを操作している時も、前かがみの不安定な姿勢になっています。ディスクワークなどで、あわない高さの机やいすを使用し、長時間同じ姿勢をとりつづけていることや、画面に注意を集中しすぎるなどで、各部分の筋肉痛を引き起こします。

 

キーボードの打ち過ぎだけでなく、マウスやスマホの操作で筋肉痛になるのも、特定の筋肉しか使用しないことが原因です。

 

 

●精神への影響

目への影響や、身体への影響以上に、最近は精神的疲労を感じる人が増えています。

VDT機器及び周辺機器から発生する、不快な音・騒音は、ストレスの原因になります。

 

また不安定な姿勢で緊張をしていると交感神経優位となり、強いストレスを感じるようになります。

 

自律神経をわかりやすく説明すると、交感神経は昼の神経、副交感神経は夜の神経といえます。この夜と昼の自律神経のバランスが崩れると、どちらかに極端に働くようになり、精神的異常がおきてきます。夜なのに眠れなくなったり、昼間なのにだるかったりするのはそのためです。

 

神奈川県藤沢市藤沢2-1-1 湘南弐番館102
カルカル接骨院 (藤沢本町駅徒歩6分)
カルカル接骨院公式サイト
藤沢市交通事故外傷治療院サイト